スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AndyKill

絶望かと思われたAndyKillだが、再度二人で挑んだら意外にもなんとかなった
そして念願のAct2…なのだがラットゴーレインだった
マップやNPCが変わっているので新鮮といえば新鮮。

そしてダンジョンの入り口を見つけ、入ってみるのだが敵の猛攻が辛い
まぁこれも全部ロクな武器がないせいなのだが。

もうマゾMODはお腹一杯かもしれない。
スポンサーサイト

Hellfireに戻れ

徹夜で知り合いとプレイしたこのMOD
Back to Hellfireを紹介しよう
今回僕はローグ、知り合いはウォーリアをセレクトした。

Hellfire...DIABLOにハマった人ならすぐお分かりになるだろう
そこらのMODとは根本から違う
なんとBack to Hellfireは初代DIABLOに可能な限り近づけた恐るべきMODなのじゃー!!

ゴゴゴゴゴゴゴゴ…

IIのフィールドが大ッ嫌いでダンジョン潜りだけが好物なプレイヤーからしてみれば涙モノなのだ
完成度はかなり高い、Betaであるにも関わらず再現度はピカイチ
さらにあの難易度の再現度もピカイチである
なんたって敵が硬いこと硬いこと…
というか

ロクな武器がないんだよッッッッ!!

唯一の救いでPOTも初代と同じで一瞬で回復するので回復には困らない
だが敵があまりに強すぎるので消費もハンパじゃない
まさに初代DIABLO。混沌に相応しいゲームである。

とりあえずダンジョンに降りてみた
いきなりチャンピオンフォールンと取り巻きがお出迎えだ

『ハッ!!フォールンごときが俺たちを殺せるとでも思っているのか!?ファッキンファッキン!!』

と言っていたら

知り合いウォーリア『ヴァー……(死亡)』

………

落ち着けッ!!落ち着くんだッ!!
落ち着いて戦えば勝てるッ!!
そう!!そこだ!!オラオラオラオラオラオラ!!

と、僕は凄く遠くから弓をパチンパチン撃っていた。
ミートウォールは重要ですよね☆

ちなみにレベルアップしてもスキルポイントは増えない
DIABLOのようにBookを使うことによってスキルのレベルを上げていく仕組みだ
いきなり自分のBookが出てもReqLv40だったりするのでよい子の皆は泣いちゃダメだぞ!!

しかしマゾい、果てしなくマゾい。ソロではやる気にならんほどマゾいのである。
二人でもこのキツさなのに一人だと思うとゾッとする
DUNGEON4Fを通り越し、フレッシュミートな中ボスをお目にかかれないままカタコンベについた。

…敵が圧倒的に強い、これはイジメか?と思うほどやばい、特にHiddenがうざい
一先ず退散してDIABLOの基本である1Fずつ確実に攻略していく事に決めた。

そして小部屋のドアを空けたら

『はぁぁぁ…フレッシュミート!!』

ブッチャー様きたあああああああああああああああ!!!!

あ、あれ?ブッチャー様、部屋が地味ですけどどうかされたのですか?

などと気にしてる暇もなく

知り合いウォーリア『ヴァー……(死亡)』

つ…つよい…強すぎるぜブッチャー様…ッッ!!
なんとブッチャー様の攻撃を受けると100%の確率でアンプつきだッ!!(≧∇≦)b


即死に決まってる


やっとの思いでブッチャーを倒し(僕は後ろから略)
ブッチャールームに吊るされているケインを救出した。
そして再度カタコンベに挑戦する、遅いが順調に進んでいけた
さらに奥へ奥へさらに奥へと進むと、どうみてもレオリック王がいそうな場所についた

初代ではスイッチ押さなければ倒す事が不可能なのだが再現されているのだろうか…
少し前進すると取り巻きを連れてレオリック王様がお出迎えだ
ブッチャーよりは苦戦しなかったので死なずになんとかなった
ちなみにスイッチはなかった
そこまで再現するのは流石に不可能か。

それにしてもWPが少なく、ダンジョンが深いので止め時に困る
この時既に午前10時半を回っており、流石に知り合いが悶え始めた。
集中力が途切れる中敵の猛攻はさらに強まり、何度も死亡した
それでも必死に進めていくとついにWPのあるカタドラルに到着した

『OK!!あと少しだ!!あと少しで寝られるぜッ!!』

と喜気に満ち溢れる僕たちの前に残酷にも
戦闘力3万ほどありそうなエリートモンスター達のお出迎えが待っていた

『ha?』 『muri』

僕たちはただただ、逃げ続けた。
しかし現実は非情なもので奥には戦闘力53万ありそうなAndyが待っていた

『uwaaaaaaaaaa』 『zette-muri』

え!?じゃあWPはどこ!?
戸惑う僕だったが知り合いがAndyのすぐ横の部屋でWPを発見
どうみても僕らの戦闘力はヤムチャ並なので即トリストラムへと帰還した

果たしてフリーザ(Andy)を倒す事ができるのであろうか―――。
プロフィール

MoD

Author:MoD
刹那的快楽主義者。
嫌な事はひたすら後回し。
最近は格ゲーとかやってます。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。